サイト内検索 お問合わせ メニュー
HOME事業案内事業部紹介公共ソリューション本部

公共ソリューション本部

公共ソリューション本部について

福祉・介護に関わる業務で
地域社会に貢献

私たち「公共ソリューション本部」は公共事業の福祉全般のシステムづくりを担当しており、現在は横浜市と札幌市で業務を手がけています。

横浜市では高齢者の介護保険と障害者支援などに関するシステム開発を担当。自治体サイドのシステムづくりから、業務につながりのある民間事業所、さらに医療関係までを結ぶ予定で取り組んでいます。
また、法改正の対応なども迅速に行います。

2012年10月からは、横浜市でのシステム開発の実績をもとに、札幌市でも福祉・介護関連の開発業務を行っています。

実績として次につながることを意識し、業務に取り組んできた成果を上げることができております。
今後も、事業部全体で地域社会および当社の更なる発展に貢献していくことを目指しています。

公共ソリューション本部からメッセージ

常にお客様への提案を心がけています

常に心がけているのは、お客様の要望を聞くだけでなく、こちらからも提案していくこと。
具体的には、お客様が気づいていない問題を抽出し、どのように改善していけばよいのかを提案します。

問題を見つけ出すには、お客様のこと熟知することが不可欠ですので、国の情勢や自治体の問題なども含めた情報収集にも全力を挙げています。

問題はお客様によってさまざまですが、いかに標準化し、また、コストダウンしながらシステム開発を行い、情報の収集・流れをつくっていくかが勝負となります。
実際にそれができることが、当社の強みだと考えています。

事業部の今後について

連携を増やしていくこと

新たな展開を目指して、これまで他業務を得意としていたWS企業と連携を増やしています。

ユビキタス事業は、福祉分野で大きな力を発揮することが期待されますので、
共同開発することで新たな提案ができ、医療関係の仕事にもつながっていくと考えています。

今後はさらに様々な企業と連携し、
互いの良さを活かし合ってお客様のニーズにより素早く適切に対応していく方針です。